気になるニュースを4本(米中貿易戦争、関税第4弾の延期観測ほか)

米中貿易戦争、関税第4弾の延期観測 米国が12月15日に予定している、対中国の新たな関税の引き上げについて、期限が延長されるという予測が出ているようです。 最終的にはトランプ米大統領の判断待ち、とのことらしいですが、こういう予測を覆してきたのがト…

増税はつらいよ~

消費税の増税がありまして、軽減税率(8%)が適用される食品等を除き、消費税が10%になったのは約2か月前のことですが、昨日、内閣府が10月の景気動向指数を発表しましたね・・・。 やはり消費税の増税が景気に与える影響はとても大きかったようです。 景気…

引き続きIT翻訳に苦戦中…

IT関係の書類の英文和訳の仕事を11月の中旬に受注し、その翌週から訳出を始めているのですが、法務翻訳が専門の私はこのIT翻訳の仕事に相変わらず苦戦しています。 やはり得意分野以外の分野の仕事は、なかなか訳が進まないですね~。いつもの半分とは言わな…

フリーランサー、久々の取引先訪問

フリーランスの英日・日英翻訳者をしている私ですが、久しぶりに取引先の翻訳会社を訪問してきました! これまで半年に1度くらいは顔見せで訪問していたのですが、昨今は多忙ということもあり、メールと電話でのやりとりだけに終始していたのです。 今回は、…

法務翻訳者、IT翻訳に苦戦

当方、法務関係の翻訳が専門分野ですが、ここ1週間は、IT関係の英日翻訳を行っています。 なぜ法務翻訳の専門の私がこの仕事を引き受けたかというと、この話をもらったときに原稿にざっと目を通したのですが、IT分野の翻訳には見えなかったからです(;^_^A ま…

辞書すら疑う翻訳者

翻訳者が翻訳をするときは、一般の方が翻訳をするときに比べて、はるかに辞書を引く頻度が多いと思います。 この辞書を引く頻度や、引き方が翻訳文の出来、不出来に大きくかかわってくるので、それはそれは必至に辞書を引きます。 また辞書を引く場合であっ…

憂鬱な月曜日~I Don't Like Mondays~

フリーランス翻訳者なんていう仕事をしていると、平日に休むことだって普通にあるし、逆に土日に働くのも日常だったりします。 やはり、そういう働き方をしていると、曜日感覚がだんだん薄まってきますね。 金曜日の夜に「明日とあさっては休みだ~!」と喜…

チェッカーは頼もしい味方(?)

翻訳者が翻訳会社に納品した成果物(翻訳文)は、翻訳会社でチェッカーと呼ばれる人達がチェックし、必要に応じて修正を行います。 翻訳会社は、そのようにチェッカーが修正した翻訳文を依頼主(翻訳会社に翻訳を依頼してきた会社、機関、事業体など)(ソー…

ぐっすり眠れる方法をいろいろ試してみた(睡眠は大事!)

毎日、良く眠れていますか?? 不眠症とは言えないまでも、割と面倒な睡眠障害?に悩まされてきた私ですが、昨今はそれでもだいぶ眠るべき時間帯に眠れるようになってきました。 そこで今回は世間的に睡眠に良いとされる習慣/方法と、それらを実際に試して…

英文読解の勉強におすすめしたい書籍

翻訳者になることを目指して毎日勉強に励んでいたころ、勉強法について「今までのやり方だけでいいのかなぁ・・・」と悩んでいたことがあります。 それは英文読解の勉強の教材についてです。 TOEICのリーディングの教材にしろ、翻訳学校で出される課題にしろ…

翻訳会社にお願いしたいこと

翻訳会社の数って、いったいどのくらいあるんですかね? 小規模の会社も含めるとものすごい数がありそうです。 事業内容はほぼ同じでも、会社によってだいぶ性格が異なりますが、やはり翻訳者の立場からすると、翻訳者を大事に扱ってるな~、と思える翻訳会…

あるフリーランス翻訳者の不安

フリーランス翻訳業は、所詮は完全歩合制の自由業ですからねぇ。 望むときに、望むだけの仕事が常にあるとは限りません。 ひょっとしたら明日からず~っと仕事がないことだって、十分ありえます。 逆に仕事が制御不能なレベルでどんどん入ってくることも、も…

トライアル(登録試験)前にいきなり翻訳会社から依頼がある場合(体験談)

以前「翻訳者が翻訳会社に登録する大まかな流れ」という記事で、翻訳会社が行う翻訳者募集に対し、応募者が実際にどのように応募し、どのように登録されるか、についての流れを書きました。 原則は、その記事に書いた通りなのですが、一部例外もあることを思…

成功哲学のわな(役に立つ助言、役に立たない助言)

英文読解力の強化のために複数の本を同時進行で読んでいます。いわゆる成功哲学の本も読んでいるのですが、正直、「う~ん、そうかなぁ?」、「いや、そうは思えないけど」と思うことも結構あったりします。ひねくれた性格のせいなんですかね? いや、昔はこ…

成功のイメージを植え付ける!

たとえばスポーツなどの分野においてイメージトレーニングが重要であることは、すでに定着していますが、実生活においてもイメージトレーニングが重要である、ということについて現在勉強しています。今回は、そのことについて少し書こうと思います。 潜在意…

米大使公邸乱入事件とウィーン条約

韓国ソウルの米大使公邸に学生17名が乱入して、1時間以上反米デモを繰り広げた、というニュースを見ました。最終的には学生は警察に連行されたようですが、そもそも大使公邸に侵入を許したことと、1時間以上違法なデモを止められなかったという警備の緩さに…

翻訳者が翻訳会社に登録する大まかな流れ

翻訳者が仕事を受けるには主に、①エンドユーザーである一般企業、政府機関、大学などから直接受注するルートと、②翻訳会社から受注するルート、の2つのルートがあります。 私は、①の方法はとらずに、②のルートでのみ受注しているので、今回は②のルートについ…

「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ

「英語を学ぶ」段階から「英語で学ぶ」ことが可能な段階に入ったとき、そこで何を学ぶか、がその後の英語力の向上に重要な意味を持つように思います。 興味のある分野を学ぶ 最善なのは、自分がもっとも興味が持てる分野を学ぶことだと思います。興味があれ…

機械翻訳の精度向上のために数学を採用する、というお話

機械翻訳、という言葉を聞くとなぜか過剰な反応を示してしまう今日この頃です。 いや、機械翻訳によって翻訳者の仕事が根こそぎ失われる、とか、翻訳者の生計が成り立たなくなる、とは思っていないですよ?(その辺の見解については、以前のブログ記事でも書…

英文読解力を伸ばすための4つのコツ

今回は、現役の産業翻訳者である私が考える「英文読解力を伸ばすための4つのコツ」について紹介していきたいと思います。 最初のうちは多読よりも精読を 多読とは、文字通りたくさん読むこと、精読とは細かいところまで綿密に読むことです。最終的にはもちろ…

3つのサイト(英語学習、おすすめ)

翻訳者を目指そうと心に決めたときから翻訳以外の勉強は極力排除してきたため、実は今でも「翻訳周りの英語」を除けば、僕の英語力は大したことはありません(断言)。翻訳周りの英語、って変な言い回しですよね。でもそれ以外に良い表現を思いつかないので…

英文ライティング力向上への取り組み

とくに日英翻訳については、高度な英文ライティング力が必要です。その勉強法については悩みの種でしたが、いろいろな方法を試行錯誤したうえで、自分の中で最後まで生き残った勉強法が2つありますので、今回はそれらについて紹介したいと思います。 ただし…

日英翻訳デビュー時のお話

私にも日英翻訳のデビューを果たした時があり、最初に受注した日英翻訳に思いを馳せるととても複雑な気分にさせられるのですが、今回はその日英翻訳のデビュー時のことについて語っていきたいと思います。 日英翻訳へのデビューを決心 最初の日英翻訳の仕事…

日英翻訳への進出のタイミング

今回は自分の経験を踏まえて、英語が日常的に使用される環境で生活した経験があまり豊富でない翻訳者が、日英翻訳に進出するのにふさわしいタイミングについて考察したいと思います。 比較的待遇が良い日英翻訳 日英翻訳とは日本語の原文を英語に訳す翻訳の…

練習の量、練習の質

翻訳者になろうと必死であがいている時も、幸運にも翻訳者の末席に名を連ねることができた後も、翻訳関係の勉強は時にサボりながらも何とか継続してきたつもりです。でも同時に、勉強方法については常に悩みの種でした。この勉強法で良いのだろうか、無意味…

優れた才能、高い学力、長い海外滞在歴は翻訳者になるために必要か?

気が付けば翻訳者になってからそろそろ10年が経とうとしています。そんな僕でも最初は、「翻訳者になりたい」と強く願ったことがこの道に足を踏み入れるきっかけとなりました。当時、翻訳者になるためにはどうしたらいいのだろう、とその方法をwebを中心にい…

僕を悩ませる英日翻訳

「英日翻訳」と「日英翻訳」 英語と日本語の間の翻訳には、英語から日本語に訳す「英日翻訳」と日本語から英語に訳す「日英翻訳」があります。どちらか一つに絞って活動する同業の翻訳者さんが多い中、僕は英日翻訳と日英翻訳の両方とも仕事を請け負っていま…

性別不明の三人称単数の代名詞として「they」を使用できる、というお話

「a student」とか「an employee」とか、単語を見ただけでは、その単語が指す人の性別がわからない場合、代名詞は「he or she」とか「he/she」を使うべし、というのが日本の学校教育で教えられている文法だと思います。 ところが、現代英語においては「he or…

モチベーションを高める経営者の言葉

先日、ある外資系企業の従業員啓蒙用の資料を訳しました。その資料では、従業員のモチベーションを高めるフレーズが巧みに使用されており、何だか訳している私までモチベーションが高まったような気分にさせられました。英語はこうやって人を鼓舞するような…

法務翻訳について紹介します

産業翻訳者として、法務翻訳を主力にやらせてもらっているのですが、今回は、なぜ私が法務翻訳を主力の分野として選ぶに至ったのか、そして法務翻訳とは実際にどんな書類を訳すのか、について書いていきたいと思います。 法務翻訳を主力にしている理由 これ…