僕を悩ませる英日翻訳

f:id:royo170:20191004214936j:plain

「英日翻訳」と「日英翻訳」

英語と日本語の間の翻訳には、英語から日本語に訳す「英日翻訳」と日本語から英語に訳す「日英翻訳」があります。どちらか一つに絞って活動する同業の翻訳者さんが多い中、僕は英日翻訳と日英翻訳の両方とも仕事を請け負っています。

英日翻訳が僕を悩ませる

ところが、最近「英日翻訳」の仕事をしていて、とても困って頭を抱えてしまうことが頻繁にあります。

それは、英語を母国語としない人(英語ノンネイティブ)が書いた意味の通らない(あるいは通りにくい)英語を訳すことです。

現在では、僕が翻訳者になった10年前とは比較にならないくらい英語ノンネイティブの書いた英語を訳す機会が増えました。そして英語ノンネイティブと一言でいっても、英語力には当然レベル差があり、ほぼネイティブと同レベルの英語が書ける人もいれば、内容を理解することが極めて困難な英語を書いてくる人もいます。

困ったことに、最近の英日翻訳の原稿は、書いてある内容を理解することが困難なものが増えました。多国籍企業で働く英語ノンネイティブの人が増えたことが原因の一つだろう、と推測しています。

英語に間違いがあったとしても、意味を妨げない程度の間違いであれば、ほとんど問題なく訳せます。でも最近はその間違いのレベルでは済まない英語が含まれた原稿が非常に増えてきたようです。

一度引き受けたからには・・・

不幸にもそういう原稿の仕事を引き受けてしまった場合でも、引き受けた以上はベストを尽くすしかありません。しかし、想像以上にこれがとても大変。文法が破綻していることが多いので、文法から意味を推測することができず、そのため使われている単語の羅列から意味を推測するしかありません。そしてその推測が合っているか間違っているかは分からないのです。

訳文にコメントを付けて提出

そのため、一応作成した訳文?にコメント(訳注)を付けます。ソースクライアント(翻訳会社に翻訳を依頼してきた企業など)に向けたコメントです。例えば、ワードの原稿であれば、ワードのコメント機能(「ツールバー」→「校閲」→「新しいコメント」)を使って、「この文は、文法的に不備があるようで正確に意味を把握することができませんでした。一部推測を交えて訳文を作成しておりますのでご了承いただけますと幸いです」という趣旨の翻訳者コメントを記載します。そして、このコメントにも結構気を使います。「文法が破綻していて意味が全く理解できません。」みたいなトゲのある口調でコメント書くとソースクライアントが気分を害さないとも限りませんからねぇ。あと、推測を交えて作った日本語訳?を「訳文」と呼んでしまって良いのだろうか、とかいろいろ考えます。

倍以上の労力が・・・

意味が通らない文を何とか理解しようと時間とエネルギーをかけて文章作成者の真意を推測したうえで訳出し、その後で上記のようなコメントをいちいち書いているため、通常の水準の英語を訳す場合に比べて倍以上の労力が必要になります。でも翻訳料は同じ。あ~、なんでこの仕事引き受けてしまったのだろう、と後悔することはたびたびあります。

根本的な解決策は存在しない

でも、これ根本的な解決策はないんですよね~。仕事を受ける前にじっくり英文を吟味して、英文に問題があるようであれば断る、というのは一つの手ではあります。でも仕事の打診があって、スケジュールが空いていたら、「わーい、仕事もらったー!」と飛びついてしまう癖が抜けきれません。断ったとして、そのスケジュールを埋めるだけの他の仕事が来れば問題ないのですが、そうでなかった場合「あの仕事、引き受けておけばよかったな~」と後悔しそうですし。引き受けずに後悔するよりは引き受けて後悔しますよ、私は。

英日翻訳から撤退? いいえ撤退しません

そう、ここまで英日翻訳について不満点を書きつつ、英日翻訳から撤退するつもりはないのです。僕にとって英日翻訳は原点。翻訳者としてデビューしてから3~4年くらいは英日翻訳専業でした。現在、日英翻訳も問題なく受注できているのは、英日翻訳で多くの英語に触れてきたからだと思っています。これからも日英翻訳と同様、英日翻訳も続けていくつもりです。

おまけ

f:id:royo170:20191004220040j:plain

突然ですが、おまけのクイズです。「ハラスメント」のことを英語で「harassment」といいます。では、以下の和文と英文の意味が等しくなるようにするためには、かっこ内に何の前置詞を入れればよいでしょうか。

[和文]その女性従業員に対するハラスメント
[英文]harassment (   ) the female employee

正解は・・・
of です。これ結構、難しくないですか?日本語は「~に対する」なので、日本語的感覚ではagainstが入るのでは?と思ってしまいませんか?ところが正解はofなんですね~。正直ofを使うと、女性従業員が被害者ではなく加害者であるように思えてしまうのですが、それでも正解はofなのです。ちなみに女性従業員が加害者である場合、つまり「その女性従業員によるハラスメント」としたいのであれば、かっこ内に入る前置詞はbyとなります。

おまけ 2

「パワーハラスメント(パワハラ)」は和製英語です。英語では「abuse of power」とか「abuse of authority」といいます。(了)

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
↑↑ブログランキングに参加しています。クリックして応援いただけると嬉しいです