英文読解力を伸ばすための4つのコツ

f:id:royo170:20191012232252p:plain

今回は、現役の産業翻訳者である私が考える「英文読解力を伸ばすための4つのコツ」について紹介していきたいと思います。

最初のうちは多読よりも精読を

多読とは、文字通りたくさん読むこと、精読とは細かいところまで綿密に読むことです。最終的にはもちろん多読をした方がよいと思うのですが、英文読解力を伸ばすためには、最初は精読に勤しむ方が効率的なように思います。というのも時間は有限ですから、多読するためには読むスピードがある程度必要となります。ところが精読を一定量こなしていない人が、こういう読み方をしてしまうと、意味を十分に理解しないまま、とにかく読み進めてしまうこととなり、どこかで話の流れがわからなくなってしまい、読んではみたものの書いてあった内容の趣旨が理解できなかった、ということが起こりうるのです。そのため最初は読む量や読むスピードを気にせず、深く理解できるまで丁寧に読む(=精読する)べきだと思います。そうして丁寧に読む量を徐々に増やしていけば、スピードはそのうち嫌でも上がってきます。多読はその段階から始めたので十分間に合うと思います。

日本語訳と解説が充実した教材を選ぶ

英文読解力を伸ばしたい、と考える人の多くは、英字新聞や洋書などをスラスラ読みこなせるようになりたい、と考えていることと思います。逆説的ですが、そのための勉強は、日本語訳と解説が充実した教材を選び、それを使用することをお勧めします。英字新聞や洋書は、英語ネイティブかそれに準じた英語力をターゲットに書かれていますので(英語学習者向け用に特に易しく書かれたものを除きます)、それに及ばない英語力の人が読もうとすると、かなり苦労します。苦労するだけでなく、疑問点も調べきれないまま解消されずにいつまでも残るので、その部分は成長に結びつきません。英字新聞や洋書にチャレンジするのは良いことだとは思うのですが、十分な力がつくまでは、それを勉強の中心に据えるのは避けた方がよいように思います。

疑問に思ってから解決できるまでの時間が可能な限り短くてすむ方法を選ぶ

英文を読んでいると、疑問点が出てくると思いますが、その疑問を可能な限り速やかに解決できる勉強方法を選ぶことが英文読解力を伸ばす近道だと思います。自分の例で恐縮ですが、翻訳学校の通学講座を週に1度受講していたときのことをお話しします。毎回授業で翻訳課題を出されるため、課題を家に持ち帰って訳していると、かならず疑問点が出てきます。調べて分かれば問題ないのですが、どう頑張って調べてもわからないことが出てきます。そういう場合、その疑問点の解決のためには、最大1週間、次の授業まで待つ必要があります。このように疑問点が1週間近く放置されると何が起こるかというと、私の場合は、その疑問点が解決できるころには、もうその疑問点についてはわりとどうでもよくなっていました。勉強していると次々疑問点がでてくるのに、解決までいちいち1週間近く待つ必要があるのは極めて効率が悪い、そんな風に思っていました。そこで当時の私は「良い勉強方法」=「疑問を抱いてから解決まで時間が短くて済む勉強方法」と定義し、そうした勉強法を探すようにしました(もっとも、翻訳学校の通学講座は、疑問を抱いてから解決できるまでに時間がかかる、ということを除いては非常に有意義であったことは付け加えておきます)。今でも、疑問を抱いてから解決できるまでの時間は短ければ短いほど良い、という考え方は変わっていません。

文法も並行して勉強する

英語を母国語としない人が英語を読む場合は、文法を頼りに文章を読んでいくべきかと思います。そうしないと、単語の羅列だけで意味を推理するような読み方になってしまい、誤った解釈をしてしまう危険性が非常に高いです。英語を母国語とする人であれば文法を特に意識しないで読めると思いますが、それは無意識下で文法の知識が自然に適用されているからです。英語の絶対的な経験が不足している英語を母国語としない人がそういう読み方を真似るのは無理があるように思います。そういった意味で、英文解釈の勉強に並行して、文法も勉強するべきかと思います。

+++++++++++

以上、私が考える英文読解力を伸ばす4つのコツについて紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

上記は自分に向けたメッセージでもあります。私自身、研鑽を重ねてどんどん英文読解力を鍛えていきたいと思います。(了)

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
↑↑ブログランキングに参加しています。クリックして応援いただけると嬉しいです